頭痛・首〜肩のこり、右膝内側の痛み  (60代 女性)

・慢性的な肩こりで疲れがたまったりすると頭痛(特に左)になるため、頭痛薬を飲むことが多い。
右膝の内側も痛むため歩くのが辛い。

 

 

体の歪みをチェックすると、右肩が下がり右肩甲骨下辺りが盛り上がって、骨盤は右側が前に出てねじれていました。

 

この様な歪みのある人は肝臓が疲れている人が多く、肝臓が疲れて緊張すると内臓の機能調整を行っている自律神経も緊張して左上部頚椎が緊張してきます。

 

左上部頚椎が緊張すると、頭部に行っている神経や血管を圧迫して頭痛や肩こりがおこります。ひどくなるとめまいや耳鳴りが出る人もいます。

 

また腰のねじれは、腰から膝に行っている神経を圧迫するため歩いたりすると膝の痛みとして感じます。(もちろん膝もねじれているため膝自体の痛みもあると思います)

 

肝臓の調整をしてからだのバランスをとると、頭痛や膝の痛みはほとんどなくなりました。

 

首〜肩のこりは少し残っていたので、首〜肩の調整を直接行うとほとんど気にならなくなりました。

 

最近では頭痛薬を飲むことはほとんどなくなった様ですが、疲れてくると肩が張ってくるので、健康維持のため週1回のペースで継続して受診されています。

 

頭痛専用のサイトを作成したのでご覧下さい。

 

⇒ 片頭痛・緊張性頭痛でお悩みなら茅ヶ崎の大谷整体院

当院までの地図

頭痛、首肩のこり、右膝内側の痛み、、茅ヶ崎、整体、自律神経

ご予約・お問い合わせ
TEL :  080-5655-8861

 

駅やバス停からの所要時間
◇茅ヶ崎駅から車で約10分
◇香川駅から車で約5分(徒歩:約15分)
◇バス停(西久保・円蔵)から徒歩10分。

 

近隣の施設
・浜之郷小学校(となり)
・東部総合病院(徒歩5分)
・西久保保育園(徒歩1分)

 

地図をグーグルマップで表示

 

▲ページの一番上へ


関連ページ

歯の痛み  70代 女性
歯の痛みの改善例 自律神経失調症のよる「慢性的な疲労・体のだるさ、めまい、動悸、息苦しさ、お腹の不調、精神的な落ち込みや憂うつさ」などの症状を改善。 また、パニック症などにも対応しています。